転妻愛歌。

元転勤族の妻の2歳差サバイバル育児。

子育て中のあきらめと楽しさと。

スポンサーリンク

Facebookを見ていたら「過去の思い出を振り返ってみましょう」という通知が。3年前の今日「子どもがいるからこそ知った楽しさ」について書いていた。

 

f:id:momokodokin:20181025163217j:plain

***********************

めちゃくちゃ行きたかった伊勢海老祭。まさかの娘が体調不良。うーん、行くかどうかなやみどころ。

 

堤真一のせっかく取れた舞台も、久しぶりに会う友達との飲み会も、予約してた美容院も。こどもの体調で無理になったことって今までけっこうあって。そんなときに「まあしゃあないか」と気持ちを切り替えることができるのか、いつまでも「行きたかったなあ…」と引きずるのか。

 

一人やったらビューンとどこでもとんでくのに。ロッキンだろうが地方のライブだろうが。でも仕方ないよね。

 

 

一年ぐらい前、おはしを買った。娘と、私の。私もおはしの使い方下手やから、一緒に練習しようと思って。

 一見普通に見えるこのおはし。周りにばれずにおはしの練習ができる。今はそこそこ見れるようになった。(本人比)

 

諦めなあかんこととか我慢とか捨てたものとかは数えきれないぐらいあるけど、新しい発見や成長もある。おはしの練習もその一つ。娘が小学生や中学生になったとき、私の大好きやった地理や英語を一緒に勉強するのも楽しみ。

 

大人になって滑り台を滑ってお尻が痛くなる経験。鉄棒で前回りしたときのグルンと回る懐かしい世界。


子育てであきらめたことはたくさんある。でも子育てしているからこその楽しさもある。

*******************

子どもが大きくなるにつれ、あきらめることも少しずつ減ってきたけれど、長時間のイベント、夜の飲み会は今でも行けない。何をするにしても子どもの予定や体調が優先で。

 

そのことにやっぱりしんどくなる時はあるけれど、でもこれからも、子どもと一緒に成長していけたらいいな。

(子育てに限らず、意識を高く持っていたり視野が広い人なら、自ら動いて色んな経験ができるんだろうけど)