転妻愛歌。

元転勤族の妻の2歳差サバイバル育児。

バス通園を甘く見ていた。入園して半年、ママ友がひとりもできません。

スポンサーリンク

もうすぐ子どもが幼稚園…そんなときに気になるのが「幼稚園選び」のポイントです。

 

以前、幼稚園選びについての記事を書きましたが(娘の幼稚園選び。転勤族につきものの転園についてもまとめました。 - 転妻愛歌。)次女が幼稚園に通い始めて約半年、気づいたことがあります。

 

それは「バス通園だと、ママ友ができない……!!!」ということ。

バス通園のメリット

バス通園には次のようなメリットがあります。

  • 園までの行き帰りの時間の短縮
  • 車がなくても遠くの園に通うことができる
  • 子どもがバスを喜ぶ

特に下に小さいお子さんがいる場合は、バス通園が便利でしょう。下の子を連れて徒歩や自転車で幼稚園の送り迎えをすることは想像以上に大変です。雨の日や風の強い日、下の子の体調がよくない日などは、心が折れてしまいます。

 

バス通園のデメリット

メリットがある一方、当然デメリットもあります。

  1. 担任の先生とのコミュニケーションが取れない
  2. バスのルートによって乗る時間が長くなる
  3. バス停によっては同乗者がいないため、ママ友達ができない

1.長女のときは幼稚園まで車で送り迎えをしていたので、お迎えの時に担任の先生と色々話ができました。ふだんの園での様子を聞くことができたり、悩みを相談したりもできました。

バス通園だと、ほとんど担任の先生との交流がありません。園での様子は、連絡帳でたまに確認できるぐらいです。もしこれが長女の時だったら不安で仕方なかっただろうなと思います。

 

2.家から幼稚園まで自家用車で通った場合、片道にかかる時間はおよそ15分。それに比べてバス通園の場合、バスに乗っている時間は40分です。園に着くまでに多くのバス停を経由するため仕方がないのですが、倍以上の時間を費やすことになります。バスの中は楽しいようで初日から嫌がることはありませんでしたが、余計な時間がかかっていることは事実です。

※朝は40分以上かかりますが、帰りは15分ほどで帰ってきます。バスに乗る時間が同じぐらいになるように、行きと帰りのルートを反対にしているようです。

 

3,盲点はこれでした。バス通園を選択する際に「ママ友ができないかも」と思ってはいたのですが、想像以上にママ友ができないのです。入園してから半年がたちましたが、いまだに一人もママ友がいません。

f:id:momokodokin:20181019032927j:plain

ママ友ができないと困ることもある

同じバス停を利用する子どもがいる場合、そのママさんと世間話ぐらいはするはずなので「わざわざ園に聞くほどでもないかな……?」ということを話し合うことができます。しかし娘はソロ搭乗。顔を合わせる大人はバス当番の先生だけです。

 

気になることは当番の先生に聞きますが、バスの中には他の子がいるし、次のバス停でバスを待っている子もいる。なかなか時間をとって話すことができません。小さな疑問が解消せず、地味にストレスになることがあります。

 

「バス停で一人でも、園の行事で友達ぐらいできるでしょ」と軽く考えていた時期がわたしにもありました。結論から言うと、できませんでした

 

最初の参観日は自分の子どもを見るのに精いっぱいで気づきませんでしたが、もうすでにみんなグループができていたようです。徒歩で送り迎えする人は毎日顔を合わせて話すようになるんでしょうし、入園前に知り合いだった人たちも多い様子。

 

7月に園へ行ったのですが、わたしは誰とも話すことなく、もうひたすらスマホでツイッターを見て時間をつぶしました。まわりが笑って話をする中、本当にわたしはひとり。孤高のボッチ、いやソロ活動です。ボッチっていうと悲しい響きだけれど、ソロ活動って言えばなんだか格好いいでしょう……?

 

幸いにも次女は1年で転園予定なので今の状態で問題ないのですが、これが長女の時だったら……と思うと怖くなります。PTAのことや園の行事のこと、これまでの慣例など、園側から説明がなくてもママ友が持っている情報ってあるんですよね。それが手に入らない状況が少し心もとないです。

 

バス通園だと降園後に園庭で遊ぶこともできないので、娘のクラスのお友達の顔もほとんどわかりません。

 

バス通園はママ友ができないかも

今のところ、ママ友ができないことによる大きな困りごとはありません。園に行く用事があるときにわたしひとりだけがとてつもなく浮いている……ということぐらいでしょうか。あとは細かい持ち物や園の様子が分からないことぐらいです。長女が通っていた幼稚園でママ友ができたため、将来的にもおそらく困ることはありません。だからわたしは「孤高のソロ活動」を気取っています。

 

ただし一番上の子どもが幼稚園に初めて通う場合、「バス通園はママ友ができない可能性がある」ということを考えておいた方が良いかもしれません。ママ友は絶対に必要ではありませんが、いたらとても心強い存在です。バス通園の人がママ友を作るためには、PTAに参加するなど積極的に園の行事に関わる必要があると思います。