転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

インフルエンザが蔓延して、在宅ワークが死んだ話。

スポンサーリンク

先月から在宅でWEBライター始めました。

www.ten-uta.com

 

今月もガッツリやったるで!!と意気込んだところまではよかったんですが、エレカシの新春ライブに浮かれ眠れない夜を過ごし、何を思ったか超混雑するイオンの初売りに行った数日後。

 

わたし、30年ぐらいぶりにインフルエンザになりました…。

 

30年もインフルエンザにかかってないとろくに対策もしてません。子どもたちにはうがい手洗い、アールワンを推奨していたけど、自分はノーガード。

「さすがのインフルも、こんな性格の悪いわたしを避けているんだろう、わはは」と、ここ数年間予防注射もせず舐めきっていました。

 

そんな油断だらけのところを狙ったのでしょう。インフルはおそろしい殺傷能力を有していました。インフル発症後に感染症にかかりこじらせた結果、39度の熱で4日間苦しむことに…。

誰かがコンパスの針で刺してるんちゃうかっていうぐらい頭が痛いし、誰かがハンマーで殴ってるんじゃないかっていうぐらいに関節が痛かったです。普段虐げられてる旦那の逆襲じゃないかと疑いました。

 

 

よくみんな「早く病院に行け」って言うじゃないですか。無理でした。基本起き上がれないもの。起き上がれてもそばにいるのは2人の娘。連れて行くわけにはいきませんもの…。

 

それでも4日後にヒィヒィ言いながら病院へ。超明るい先生に「どうもどうもー!大変やったねぇ、あはははは」と落ち武者みたいなわたしを目の前にして何故かめちゃくちゃ笑われ、わたしも意味なく多少元気になり、発症から1週間して復活しました。

 

ちゃんちゃん。

 

といきたいところですが、まぁ予想通り娘二人もインフルに感染しますよね。完全に隔離なんて無理やし。わたしの2日後に次女、そしてその2日後に長女がインフルエンザになりました。

 

二人は予防注射してたからか、わたしより全然軽かったです。発熱した翌日に念のため病院行ってタミフルもらったけど、すでに37度台に下がってたし。子どもがすごいのか、予防注射がすごいのか。

 

今更な話ですがインフルエンザは予防注射しといたほうがいいと思います。もしわたしが注射してたら、インフルにかかったとしても感染症にはかからんかった気がします。ほんま人生で一番つらかった気がする。まじで地獄でした。

 

(そんな中、インフルエンザにかからんかった旦那がめっちゃすごい。ほんますごい。伊達に太ってない。体強いところ、だいすき!)

 

娘たちの症状が軽くすんだのはよかったんですが、元気になった娘たちと約2週間家に缶詰です。それでなくても病み上がりの体、思うように仕事ができませんでした。

 

よし、元気になったし長女は幼稚園へ!と思ったところ、このタイミングで幼稚園から学級閉鎖の連絡が。

 

そんなこんなで1月もあと1週間しかないっていうのに、いまだに娘と一緒にいて、ろくに仕事をしておりません。ラスト1週間で詰め込むつもりです。いけるかな…。いや、やる!!

 

現在(桁を疑いたくなるのですが)1,000円ちょっとしか書けてないので、せめて1万円はいきたい…。ほんとの目標は5万円やったんやで…。

 

こんだけ赤裸々に書いてええんかって感じですが、月末までちょっと追い込みかけますので、twitterとかに入り浸ってたらケツ叩いてください。

 

末筆ながら、寒さひとしおの日々、みなさまなにとぞお身体お大事に。