転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

【エレカシライブレポ】新春ライブ2018☆大阪フェスティバルホール2日目☆2018.01.07

スポンサーリンク

エレファントカシマシの2018年新春ライブ2日目に行ってきました。

自分のため、そして行けなかった誰かの参考になればと書いた「エレカシライブレポ」です。めっちゃ記憶の糸をたどりました!!

 f:id:momokodokin:20180108110011j:plain

 

 2018年1月7日新春ライブのセトリとMCなど

 

【第一部】

01.ドビッシャー男

02.今はここが真ん中さ!

03.新しい季節へ君と

04.悲しみの果て

30周年ツアーに先駆けて発売されたベストアルバムの話。「30曲3000円と消費税」「ただの宣伝でどうでもいいことなんですけど」「また余計なこと言っちゃった」

トミが後ろで笑ってた。


05.夢のかけら

 

「シングルにはなっていないけど力強い歌」「人生は旅だ!」

06.旅

07.はじまりは今

 

「バブルのことを知らないお友達もいらっしゃる」

08.デーデ

09.珍奇男

凄くいい感じの奔放な「珍奇男」。途中成ちゃん前に出るよう促すが中々なので引っ張って前に出す。石くんも出るよう指示。
曲終わり成ちゃんからメンバー紹介。

— カシマニア (@kashi_mania) 2018年1月7日

 

10.翳りゆく部屋

女性の神秘性について。「男の考えてることはだいたいわかるけど、女性の考えてることは良くも悪くもさっぱりわからない」

「猫でもオスとメスで性格が違う気がする。夜に道路に飛び出してくるのはたぶんオスのような気がする」

 

11.桜の花、舞い上がる道を

12.笑顔の未来へ

13.3210

14.RAINBOW

15.ガストロンジャー

 

16.今を歌え

17.四月の風

18.俺たちの明日

19.風と共に

「第3部まであるので、しばしご歓談を!」

 


【第二部】

20.昔の侍

21.真冬のロマンチック

22.この世は最高!

 

23.奴隷天国

24.RESTART

25.夢を追う旅人

 

26.ファイティングマン

27.so many people

会場が揺れていた。みんな飛んでいた。so manyを「マニアックな曲」と紹介していた気がするけど、個人的にはメジャーな曲な気がする。ライブでやったら超盛り上がるもんね。


【第三部】

28.今宵の月のように

 

最後、一列になって肩を組んで頭を下げて挨拶をするシーン。

 

エレカシはいつ見ても新しい

「風と共に」あたりで喉がちぎれて声が出なくなってしまうんじゃないかと思ったけど、最後まで声が出ていた。驚異的な喉。(でも耳も喉も大事にしてずっとずっと歌っていてほしい)

 

 

エレカシのすごいところは、過去のヒット曲だけでライブをしているのではなく、今もなお精力的に活動していてフェスティバルホールを満員にしてしまうところ。

RAINBOWやRESTARTみたいな曲を50歳すぎても 作って歌ってしまうところ。今を歌えや風と共にを一緒に聴くと、一人の人間の生きざまというか軌跡を見ている気がする。

 

いつも、宮本さんは、おそろしく切なくて、怖くて、美しくて、かっこいい。

 

過去記事

自分だけの時間。4年ぶりの場所。エレカシ賛歌。 - 転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

【エレファントカシマシ30THツアー】滋賀県守山市民ホール ライブレポ - 転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)