転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

ギリギリ月間PV1万にとどいたので独自ドメインとアドセンス申請してみた。

スポンサーリンク

※この記事には、独自ドメインへの移行の仕方とかアドセンス申請の仕方とか、そういう有益な情報はみじんもありません。

わたしが参考にさせていただいたサイト

【2017年版】はてなブログPROに移行、からの独自ドメインを設定する方法 - MUTANT

さえ読めば独自ドメインへの移行が簡単にできます。※

 

▽関係ないけどウチのねこ。

f:id:momokodokin:20171121154841j:plain

ちょっと独自ドメインってやつにしてみよう

前にもチラッと書いたんですが、初めてブログのPVが1万をこえたのが今年8月。

 

その後10月にも1万を突破したので、アドセンスとかやってみるのもいいのでは!?とまた頭の片隅に「収益化」の文字がちらつきはじめました。

 

どうやらアドセンス貼るには独自ドメインが必要なようで。

重い腰を上げてはてなproのまんま「おなまえドットコム」で独自ドメインをとることにしました。

 

はてなproのまんまならサーバーいらんやん

「独自ドメイン=サーバーが必要」と刷り込まれていたわたし。

とりあえずエックスサーバーに申し込みます。値段にして約7000円。(初期費用3000円、利用料1200円×3カ月)

ほんま清水の舞台から飛びました、痛い。この出費痛い。

今なら独自ドメインが無料で一つ作れるので、ちょっとお得。

 

▽エックスサーバーについて詳しくはこちら

 

でも何度やってもうまくいかない。

まぁそりゃそうです。

はてなpro使ってて独自ドメインに変えるだけならそもそもサーバーがいらんのですね。

それに気づくまで何時間費やしたのでしょうか。そして7000円よ…

 

気を取り直して、お名前ドットコムでドメイン名決める

お名前.comで好きなドメインを選び、ちょこちょこっと入力するだけの簡単な作業で、晴れてこのブログは独自ドメインに移行しました。

 

▽お名前ドットコムはこちら。

 

 

超参考にした記事はこちら。最初にこれ読んでたら全部解決してたのに。

www.mutant-tetsu.com

 

独自ドメインにしたらPVめっちゃ減った

ウワサでちらっと「独自ドメインにするとアクセス減るよ」って聞いてたんですが、ウワサはマジでした。

普段一日300前後、少なくとも200ぐらいはあったPVが、最低値で75とかになりました。

 

びっくりしすぎて、2度見じゃなく5度見しました。

今まで検索1ページ目とってた記事も、軒並み2ページ目以降に…。

 

いや、そんなPVのないしがないブログですけども、これには驚愕しました。

ぜ、絶望。

 

まぁでもやってしまったものはしゃあないので、アドセンスの登録を…。

グーグルさんとも相性悪かった

いそいそとグーグルさんに「アドセンスお願いします」と申請しました。

そしていそいそと待っていたら、2時間もしないうちに「お断り」メールが。

 

なんだかタグの貼り方がおかしかったかなんかってゆうので(リンクが切れてうんぬん)、貼りなおしてもう一回申請します。

そしたら重複申請してるってことなので、確認してもう一回。

 

…約2週間。返事、こない。

 

もうあかん。

このブログ、PVは少ないけどそんなに変な記事ないはずやのに連絡さえない。

記事からダダ漏れする性格の悪さがあかんかったんか。

 

督促したらそっこうOKでた

でもダメもとで「審査状況の照会」してみました。

2週間たったし、あかんかったらあかんってゆうて!ってめっちゃ頼んでみました。

するとその日、承認降りました。

 

えー!もしかしてグーグルさん、忙しすぎてわたしのブログ忘れてた?

 

で、無事承認降りましたので、これからはアドセンスを貼っていきたいと思います。

でもすでに貼り方失敗してるので、これ近々なんとかしやんとあかんな…。

 

 

減ったアクセス数の話

独自ドメインにして20日。

減ったアクセス数は…戻ってません。

今1日平均約150。

これっていつ戻るんやろう…いやもう戻らんのか…。

PV1万こえたから独自ドメインにしたのに、このままでは5000も危ういやないか…。

 

ごあいさつ

最初はめっちゃ打ちひしがれたけど、よう考えたらそもそもがPVを追求したブログではなかったので、今までどおりやっていこうと思います。

その結果PVが増えたら一番いいってことで!

 

ということで、今後もよろしくお願いします。

7000円は無駄にできないのでワードプレスという地獄の沼へ足を踏み入れようと思います。