転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

城崎温泉へ家族旅行。子連れには積極的に【一の湯】をおすすめします。

スポンサーリンク

子連れで温泉ってめっちゃ気を使います。

子どもってすぐジャブーンしたがるしスイスイしたがるし、ブクブクしたがるしドンブラコッコしたがるし。

そのたびに「コラコラ、周りの人のご迷惑になるでしょ」とたしなめても、言う事を聞くのは一瞬でまた同じことをしようとします。え、しませんか?

 

だんだんわたしも、穏やかな優しい母を演じきれなくなって「コルァ!何回ゆうたらわかんねん!!外の風呂では大人しくしろってゆうてるやろ!!!」みたいになるの、目に見えてます。

 

でも行きたい、温泉。つかれてる、わたし。

で、行ってきました。城崎。わーい。

 

メインは「城崎マリンワールド」だったので温泉街はおまけみたいなものだったんですが、大満足して帰ってきたので今回行ったところを紹介します。

 

みんなも育児の疲れをとりに、城崎温泉にいこう!!!

f:id:momokodokin:20171008155145j:plain

△ファミマが茶色い。

城崎温泉=外湯めぐり

城崎温泉街には七つの外湯があります。

  • 駅舎温泉 さとの湯
  • 一の湯
  • 御所の湯
  • まんだら湯
  • 地蔵湯
  • 鴻の湯
  • 柳湯

本当はすべてまわりたいところですが子連れには無謀すぎるので、1つか2つお風呂に入って散策しながら足湯につかる…が無難なプランかなぁと思います。

 

それぞれ営業時間、料金、定休日が違うのでサイト確認してください▽

城崎温泉観光協会|七つの外湯めぐり

どれにするかめっちゃ迷う…。

 

まずはオーソドックス?に「一の湯」に行くことにしました。

f:id:momokodokin:20171008155613j:plain

 

温泉街の中心にある「一の湯」

「一の湯」を選んだ理由は街の中心地にあること。車を近くに停めて入浴ついでに散策することにしました。

「一の湯」の料金

大人600円、こども(3歳から小学生)300円。

「一の湯」には「家族風呂」がある

一の湯には貸切風呂(家族風呂)があります。家族風呂って、子連れにはすごくありがたい。他人の目を気にせずゆっくり入れます。

f:id:momokodokin:20171008162117j:plain

一の湯の家族風呂の料金

40分3000円。

事前にヤフー知恵袋で確認したところ家族風呂の利用には「別途入場料がかかる」とありましたが、かかりませんでした。家族4人で3000円のみ。

一の湯の家族風呂の予約について

電話予約はできません。当日行って空きがあれば入れます。40分3000円という価格からか空いていることが多そうです。

利用方法

受付で、家族風呂の利用希望を伝えます。

名前、住所、連絡先などを記入し料金を払い、2階の休憩所で待機。準備ができると係の人が声をかけてくれます。

家族風呂の様子

どうやら家族風呂は2つあるようで、事前にインターネットで見たものとは違う方のお風呂に案内されました。

脱衣所、トイレもちゃんとあります。(当たり前か)

f:id:momokodokin:20171008162207j:plain

f:id:momokodokin:20171008162501j:plain

子どもが小さいのでお湯の温度をいつもより低くしてくださっていました。やさしみ~!!!そんなに広さはありませんが、いつもの家とは違うお風呂にこどもたちは大満足でした。

 

ボディソープ、シャンプー、リンスもあります。お風呂あがりにドライヤーもできるようになっています。

 

家族風呂もほかのお風呂を楽しめる

驚いたことに、家族風呂の他に別のお風呂に入っても追加料金はかかりませんでした(ちゃんと確認したよ)

 

貸切風呂の利用時間は40分までですが、そのあとにほかのお風呂に入ってトータル40分をこえても追加料金はかかりません。

 

この日は、家族風呂の後に露天風呂(洞窟風呂)も堪能し2時間近く「一の湯」を楽しみました。

 

城崎温泉、子連れで行っても超よかった!!

城崎温泉はどこも同じだと思うのですが、観光客が多いのでとっても清潔です。

ロッカーやシャワーも完備されているし、子どもが一緒でも安心なくらいに清掃も行き届いていると思います。

(それが逆に味がないと思う人もいるかもしれませんが)

 

今回思い立って家族風呂を利用しましたが、想像以上によかったです。

銭湯や温泉に行くといつもは一緒に入ることができない次女(旦那と一緒に入るから)も含めて、家族一緒に楽しく入浴できたのが嬉しかったです。

まわりを気にせず子どもの髪や体をゆっくり洗えたのも気持ちが楽でした。

 

結局「一の湯」ひとつしか入れなかったのに、城崎温泉を十分満喫したという満足感があります。

f:id:momokodokin:20171008165414j:plain

ほんとはもうひとつぐらい回りたかったのですが、一の湯を出て足湯にひとつ入ったら外はもうこんな感じに…。

 

まだまだ気温が高かったのでいつまでも夏なつもりでいたけど、いつのまにか日が沈むのが早くなっていました。夏の終わりと秋の始まりを感じさせて、なんだかオセンチになってしまう…。わたしってば永遠に思春期…。

 

あと全然温泉と関係ないけど、城崎温泉の近くにある【玄武洞】が圧倒的にすごかったです。(ご、語彙力よ…!!!)

f:id:momokodokin:20171008165954j:plain

f:id:momokodokin:20171008170026j:plain

かなり階段登らないといけないのでベビーカーでは厳しいですが、一見の価値ありなので時間が許せば寄ってみてください。

 

▽玄武洞の他にも「白虎」「朱雀」「青龍」も。懐かしのふしぎ遊戯…!!!

f:id:momokodokin:20171008170349j:plain

f:id:momokodokin:20171008170748j:plain

 

今度は城崎温泉で【一の湯】以外にも行ってみたいので、いいところがあったら教えてください!

 

Twitterやってますです▽

きなこ。元転勤族の妻 (@LoveNekoz) | Twitter