転妻愛歌。

元転勤族の妻の2歳差サバイバル育児。

兄弟がいないとかわいそうか?一人っ子だったわたしの話。

スポンサーリンク

一人っ子の方がいいのか、きょうだいがいた方がいいのか。

うちには二人娘がいるけど、どっちがいいのかなんて正直わからない。

 

わたしは一人っ子として育った。

生まれた瞬間から(かどうかはしらんけど)両親が不仲だったので、わたしはずっときょうだいがほしかった。

 

親の喧嘩を一緒に止めてくれる誰かが、

嵐が去るのをひたすら待つあいだ隣にいてくれる誰かが、

両親の愚痴を言い合える誰かがほしかった。

 

どうやら両親の結婚自体が、母の意思によるものではなくて周りが勝手に決めただまし討ちのようなものだったらしい。

最初から無理のあるものだったようだ。(子どもからしたら、そんなことしらんがな、やけど)

 

そんな状況で母の愛情のすべては、必然的にわたし一人に向かった。(母本人は否定していたけど)

 

贅沢をさせてもらったと思う。

きょうだいがいる家庭よりも、多分お金も手間も多くかけてもらった。

やりたいという習い事はさせてもらえたように思うし、欲しいと思うものは、母の好みであればほぼ買ってもらえたような気がする。

 

そこに父からのお金や手間が含まれていたのかはわからない。

物心ついてから、父とまともな話をした記憶がないから。

 

かけてもらった愛情にはすごく感謝をしているけど、今思うと、重すぎた。

 

もしわたしにきょうだいがいたら、母の愛が少しは分散されたのではないかなと思う。

多い日で一日20件ぐらいついた携帯への着信が、せめて10件ぐらいにはなったんじゃないか。

 

まぁ母の性格の問題もあるだろうし、きょうだいがいたところで今度は愛情格差とかが生まれる可能性もあるけど。

 

わたしが何も考えずに子どもを二人産んだのは、きょうだいがほしかった自分の思いが反映されてるのかもしれない。

 

今のところ、二人いてよかったなと思う。

一人の頃よりかけられる手間とお金は減ってしまったし、上の子はきっと我慢することも多いだろう。

でも、外で何かあった時に、親以外の誰かがいるっていいことだと思うから。

(ただ単純に二人ともかわいいってのもある。)

 

この二人がいざというとき助け合って生きていけるのか、ずっと仲良くいられるのかなんて誰にもわからない話。

わたしの思う以上に姉は色んなことを我慢しているかもしれないし、かけられなかった手間の分、妹は損をしているかもしれないし。

今後わたしの愛情が偏って、ふたりの関係が悪くなるかもしれない。

 

きょうだいがいたほうがいいかどうかなんて、その子の置かれた環境で変わる。

結局、結果を見ないとわからない。

 

そんなこと他人が簡単に口出しできることではない。

何事も『よそはよそ、うちはうち』。

 

*************

 

そういえば、結婚するときに旦那にお願いしたことがある。

「わたしは母のようになりたくないから、夫婦仲良しでいよう」

「もし子育てで間違ってると思うことがあれば、ちゃんと言ってほしい」

 

子どもが小さい時は世界のすべてが親で、親の価値観が子どもの価値観になる。

それがとても怖くて、旦那にも子育てに加わってほしいと思うから。

 

わたしは小さいころ、

「不細工な女ほど髪の毛を伸ばしたがる」

「男の言うことを聞くしかない主婦なんて底辺」

「フリフリのかわいい服なんて気色悪い」

と思っていた。

全部母の教え。

 

もしわたしがそんな意味のわからないことを子どもに言い出したら、旦那にはちゃんと正してほしい。

わたしだけが正しいのではなく、ほかの意見もあると教えてほしい。

仲の良い相手じゃないと、素直に意見を聞くのは難しい。

だから旦那とは仲良くいたい。

喧嘩ばっかりで、なかなか理想通りにはいかないけど。

 

って、旦那はこの話おぼえてるんかな?

というわけで、ちょっと仲直りしてきます!!!