転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

読書欲が有り余っているので、おすすめの本を教えてください。

スポンサーリンク

読書をまた始めた。

ここ数年ろくに本を読んでいなかったからか、

もとからそんなに良くなかった頭がもっと悪くなったし、

どんどん語彙力もなくなっていってる気がする。

 

なんでも、ヤバい、すごい、ひどい、おそろしい、クソで片づける。

自分が書く文章も面白くない。(これは元からか)

 

少しは文章のキレをよくしたくて、ネットに費やしてる時間の一部を読書にあてることにした。

効果があるかはわからない。

※読書には漫画も含めることとする。

 

昔はよく本を読んでいた。

漫画の話になるけど、一時期は

ジャンプ、マガジン、サンデー、少コミ、りぼん、なかよし

全部買って読んでいたくらい。

当然、ノートに漫画を書いてた。

誰もが持ってる、誰にも見せられない闇のノート。

  

飛影派と蔵馬派でし烈な争いが繰り広げられてた幽遊白書。

(わたしは一ミリも揺らぐことなく飛影派。邪王炎殺黒龍波、かっこよすぎる。)

鷹村さんへの愛が溢れてとまらなくなり、特別号にイラストを送ったりしたはじめの一歩。(載った)

ドラゴンボールのピッコロのことは、きちんと「ピッコロさん」と呼んでいた。

 

姫ちゃんのりぼんとか、ミラクルガールズ。

わぴこの元気予報、CD借りてきたの思い出す。ぎょぴっ!

(それにしても少コミは、いつからエロコミになってしまったんやろう。

北川みゆきとか、まだまだ健全な時代やったなー…。)

 

とか、あれやこれや書きはじめて止まらなくなってきてるのでここまでにして。

とにかく、わたしは読書をはじめます。

 

読んだ本の感想とかも書いたら、

インプットとアウトプットの両方が鍛えられて、

わたしの額に眠る邪眼が目覚めるかもしれない。

 

で、昨日読んだのはイケダハヤトの「まだ東京で消耗してるの?」

 

東京から高知に移住したイケダハヤトさんが、地方移住について書いた本。

大阪(都会)に生まれたわたしが、徳島(田舎)での生活で感じたことと照らし合わせてみようかと思って読んでみた。

色々思うことあり面白かったので、感想は今度改めて書く。

 

※※※

 

一人暮らしはじめるときに実家に本を大量に置いてきたこともあって、

今の我が家の本棚はこんな感じ。(一部)

f:id:momokodokin:20170825192250j:plain

 f:id:momokodokin:20170825192212j:plain

 

だいたいがわたしの本。

旦那も読書は嫌いじゃないみたいだけど、読んでる本が全然違う。

旦那はライトノベルとビジネス本中心。

わたしは宮部みゆき、奥田英朗、金城一紀、たまに東野圭吾、大沢在昌…あたり。

だから旦那の本にはあんまり食指が動かない。

 

せっかくなので?、本棚から漫画をひとつ、おすすめ。

峰倉かずや「最遊記」

これはアニメ化もされたしめちゃくちゃ人気がある作品。

作者の峰倉かずや(@kaz_minekura)さん | Twitterさんの体調不良などでなかなか先が進まないけど、どうしても最後まで追いたくて集めている。

詳しくは▽

最遊記シリーズ - Wikipedia

 

有名な台詞、「須らく、見よ」は聞いたことのある人が多いはず。

「須らく(すべからく)」という単語を世の中に広めたのは、

この最遊記に違いないとわたしは思っている。

恋愛要素はなし。男も女もみんなかっこいい。

ふだんあんまり漫画を読まない人でも面白いので読んでみてください。

 

というわけなので、

似たような傾向の本でも全く系統の違うものでも、

おすすめがあったら教えてください。

いろんな本が読みたいです!!!

 

 ▽twitterでもおすすめお待ちしています。

きなこ。元転勤族の妻(@LoveNekoz)さん | Twitter