転妻愛歌。

元転勤族の妻の2歳差サバイバル育児。

コウモリのようにあっちこっちにぶらさがっていたい、人づきあいの話。

スポンサーリンク

いつもまとまりないけど、今日はいつも以上にまとまりなくお届けします。

※※※※※※

どうも人づきあいが苦手らしい。

少し話したことのある人からはよく、
「あなたって話しやすいね」と言われるし、
確かに初対面の人でもそれなりにつきあえる。
(それって転勤族のときに培われた八方美人スキルが発動してるだけ)
でもグループで長期間となるとちょっと無理。

転勤先でなるべく早く友達を作ろうとしてた。
こどもがいなければ知り合いがいなくても生きていけるけど、
転勤生活でいざというとき助けてくれたのは友達だったから。

誰も頼れない転勤先、ワンオペ育児、しかもたとえば田舎で子育て支援(アズママとかファミサポとか)が不十分なところだと、
友達が命綱だったりする。

なもんでサバイバル生活を乗りきるためにも、
ここ5年ぐらいで八方美人レベルがあがったように思う。
(まあ昔から外面のよさには定評があったけど)

八方美人スキルの継続にはけっこうなエネルギーが必要で、どうやらそのパワーがわたしにはない。
しばらくすると、(特定の人を除く)たくさんの人との付き合いに疲れはじめる。

というのもグループ行動が苦手。
正確にいうと、同じママ友グループに浸るのがつらい。
コウモリのようにあっちこっち飛び回りたい。

みんな普通にやってるところをみると、
できない自分の性格に難があるんだろうな。

でもさ、幼稚園や保育園の送り迎えのあととか、
お昼にファミレスやミスドで見かける人たち、
いつも同じグループにいて、
毎日何をそんなに長時間しゃべることがあるのか不思議でしょうがない。
女子高生のように若いマインドをもってるのかな、なんていつも思ってる。

そういうわたしも
ママ友だったり仲いい友だちだったり、
転妻さんたちと長時間しゃべったりする。
でも毎回おんなじグループでってことがないんよね。

同じメンバーで飽きないの?って単純に思う。
これってやっぱりわたしの性格に難が…。

今のところ特にトラブルなく過ごしてきてるけど、
この先やっていけるんだろうか。
ママ友づきあい。

こどもが小学校に入ったらみんな働きだすっていうし、
あんまり考えないようにしてるけど。

※※※※※※※※※※※※※※※※※

そんなに仲がよくない誰かがどんな広さの家に住んでようがどうでもいいし、
顔も知らない人の乗ってる車なんてどうでもいい。
もし広い住まいや高級車を、夫でなく自分の力で手に入れたものだとしたら方法を詳しく聞きたいし、
色々興味が湧くんだけど。

人の不倫話も知らなくていい。
(いや、修羅場はちょっと知りたいかもしれない。松居和代とか最初めっちゃ見てしまった。)

あの人はこういう人だ、と先入観をもってしまうのが嫌なのかも。
聞くことで生まれる、必要のない嫉妬や劣等感をもちたくないのかな。

と言いながら、
わたしも下世話なところがあるから、矛盾するんだけど。

理想は、
「その人がいないところで、その人の話をしない」

めっちゃ難しい。