転妻愛歌。

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

【徳島に転勤になったら】①徳島の穴場スポット、観光名所

徳島転勤が決まった時、わたしはグーグル大先生に尋ねました。

【徳島 転勤】

読むとなんか不穏な空気が漂っています。

一言でまとめると、「住みづらそう」ってこと。

でも実際住んでみると、なかなか楽しくていいところでした。

なぜかネガティブイメージが先行してしまう徳島について、できたら徳島転勤をポジティブに考えられるようなアレコレを紹介します。

f:id:momokodokin:20151006163712j:plain

 まずはお出かけスポットから。

鳴門の大渦、祖谷のかずら橋など有名なところは省いてます。

 

何と言っても【阿波おどり】

徳島の成分は、99%が阿波おどりから成っています。

その証拠に?、年間の観光消費額が約5200億ほどなのに対して、阿波おどり期間中4日間の観光消費額は約1050億。

4日間で1年の5分の1を稼ぎ出すほどの超大事なイベントです。*1

それより何より、徳島県民の多くは阿波おどりが大好きなんってのが一番大きいけど。

 

わたしが初めて阿波おどりに参加した時、楽しすぎて帰りたくなかったほどでした。

演舞場だけでなく、道端、広場、そこかしこで踊る人、みんな笑顔。

踊り子と一緒になって踊る人もいれば、

遠くで休憩しながら2拍子のリズムに合わせて体を揺らす人、

道の両側いっぱいに並ぶ屋台でとにかく食べまくる人。

音楽フェスと同じく、汗だくの笑顔の時間がそこにはありました。

いやー、これは一度来たらはまります。

せっかく徳島に来たなら、騙されたと思って行ってみてください。

県外ナンバーやと、県庁の駐車場が無料で停めれたりします。

詳細はご確認ください。

阿波おどり期間中の県庁来庁者駐車場の開放(県外ナンバー車に限る)について | 徳島県

 

阿波おどりと合わせておすすめはひょうたん島クルーズ。

いっつもガラガラやのに期間中は死ぬほど混むけど、

船上から阿波おどりが見れたりします。

f:id:momokodokin:20160204213351j:plain

 

f:id:momokodokin:20170804103949j:plain

(1歳の娘が抱っこひもの中でノッリノリ。)

 

魔境【大菩薩峠】

観光案内のパンフレットには載らないけど、徳島で外せない場所といえば【大菩薩峠】。

喫茶店です。

オーナーが1から手作りしたという喫茶店はいまだ完成しておらず、現在も建築中。

廃墟カフェ、徳島のサグラダファミリアとも言われています。

徳島に来たなら、一度は行っときましょう。

ご飯も美味しいです。

f:id:momokodokin:20151006142320j:plain

f:id:momokodokin:20151006142330j:plain

https://tabelog.com/tokushima/A3602/A360201/36000844/

 

うみがめ博物館【カレッタ】

徳島県美波町にあるうみがめ博物館。

日和佐うみがめ博物館カレッタ

ウミガメをみて癒され、大浜海岸を見て人生の疲れをとる。

徳島県一の癒しスポットです。

momokodokin.hatenablog.com

 

入園料がめっちゃ安い【とくしま動物園】

とくしま動物園:徳島市公式ウェブサイト

momokodokin.hatenablog.com

 

 めっちゃ地味な【阿波の土柱】

momokodokin.hatenablog.com

 

 次回は子連れで行けるカフェです。