転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

徳島に住む子育て中のママ、プレママに絶対におすすめ【とくしまファミリーサポートセンター】

スポンサーリンク

夏休みに入りましたね!ワクワクが有り余っているきなこ。です。

その割に体力が追いつかず、悲しい…。

 

今日は、徳島に住む妊婦さん、ママさんにどうしてもおすすめしたい【ファミサポ講習会】を紹介します。

わたしは2016年に講習を受けたのですが、こどもがもっと小さいときに、もっというなら妊婦のときに聞いておきたかった内容でした。

こどもの病気、発育についてなど、子育てに関する知っておきたい情報がてんこ盛りの講習会です!

 

 

ファミサポとは 

ファミサポとは、ファミリーサポートのこと。

地域で子育ての支援をするために、依頼会員(育児の援助を受けたい人)と提供会員(育児の援助をしたい人)が会員登録し、地域で育児の相互援助を行うことです。

 

ファミサポ講習会とは

徳島の場合、提供会員になるには原則としてセンターで実施する講習会を受講する必要があります。

24時間(11項目)の無料講習会を受けることになります。

 

2017年度ファミリー・サポート・センター 会員講習会 | 子育て応援団ファミリー・サポート・センター

わたしは2016年の講習会を受講しました。

 

f:id:momokodokin:20170724172250j:plain

ファミサポ講習会の特徴

注;わたしは2016年受講なので、最新の内容については個々にファミサポセンターに問い合わせてください。

 

スケジュール

(2017年度は http://fami-sapo.jp/app/wp-content/uploads/2017/04/1d150a492e33ecbe32d95f7b299caa7a.pdf

で確認を)

 

2016年度はこんな感じでした。(保管状態悪くてクシャクシャ汗)

f:id:momokodokin:20170724172228j:plain

 

会場は自由に選べます(複数会場にわたっても可)。

年度内に終修了しなくても大丈夫。次年度以降に講習を継続して受講することができます。

こどもがいたら予定通りに受講できるとはかぎらないので、これはありがたい。

わたしが参加したときも2年越しの方が結構いました。

 

無料の託児がついている

さすがファミサポ。講習時間中、こどもを預けることができます。

毎回丁寧な報告書(子どもの様子など)をいただけて安心できます。

託児場所と講習会会場が離れている回もありましたが、基本的に同じビル内の別の部屋でみていただけました。

 

無料でいいの?と思わせる充実した内容

経験豊富なベテランの方や現役の看護師さん、保育士さんなどが講師をされています。

提供会員としてだけでなく、自分の子育てにすぐに役立つことがいっぱいでした。

受ける前は正直、無料だから浅い内容なのかなと思っていましたが、信じられないぐらい濃い内容です。

基本的に1コマ2時間なんですが、あっという間です。

f:id:momokodokin:20170724172340j:plain

 

 

勉強にもなるし、こどもと離れてリフレッシュにもなる。

子どもと離れて自分だけの勉強時間がある、すごく大事な時間に思えました。

子どもを預けているからこそ、その間により多くのものを吸収したいと集中できました。

 

講習会の内容の一部をご紹介

 

全部はご紹介できないので、印象にのこった講習についていくつかご紹介します。

 

f:id:momokodokin:20170724172413j:plain

「栄養と食生活」

調理実習でした。小学校ぶり?中学校ぶり?

豚肉のマーマレード焼き、タコ焼きおにぎりなど、子どもが食べやすくバランスのとれた簡単メニューをチームになって作ります。

久しぶりの調理実習がすごく楽しかったし、メニューがおいしかったので家庭の食卓でも活躍しています。

 

「身体の発達と病気」

以前娘が熱性けいれんになったのですが、その時の対応方法などを再確認できました。

momokodokin.hatenablog.com

 怪我の時の看護の仕方など、ほかにも知っておきたい情報ばかりでした。

 

「小児看護の基礎知識」

嘔吐時などに、既製の手袋やエプロンがなくてもビニール袋やごみ袋で代用できる方法を聞き、実際に作ってみました。

災害時にも役立つ内容でした。

 

他にも、発達障害のお子さん向けの声掛け方法や工夫、手遊び歌やおもちゃの制作、

米米クラブの「Shake‐Hip!」を本気で踊るなど、絶対に受講して損はない内容ばかりでした。

質問コーナーもあるので、疑問はその場で解消できます。

時間の許す範囲ではありますが、講習後に個人的な疑問などにも答えていただけました。

 

まとめ

転勤族でワンオペ育児を頑張っている人、周りに頼る先がない人がまず考えるのがファ

ミサポ。

わたしも徳島に転勤が決まってすぐに依頼会員の登録をしました。

阿南のファミサポの方はとても優しくて、引っ越し前に電話で相談するととても親切に相談に乗ってくださいました。(次女が生後1か月のため、すぐに登録に行けない事情に配慮してくれた)

 

今回、提供会員の講習を受けたのは、「わたしと同じような状況で困っている人を助けたい」「助けてもらった恩を、ほかの誰かに返したい」と思ったからです。(わたしはファミサポのお世話になることはなかったんですが)

それが実際受講してみると、自分の子育てにも役立ちました。

自分のためにもなるし、人のためにもなるって、めちゃくちゃ素敵なことだと思いません?(熱い!熱すぎる!!わたし)

 

ワンオペ育児中は、他人を助ける余裕なんてないとは思います。

でも、この講習はきっと今の、子育て中に大切な情報がたくさん詰まっています。

それに育児が落ち着いた頃、誰かの役に立てるかもしれません。

 

とくしまファミサポ講習の受講、めっちゃお勧めです!

 

f:id:momokodokin:20170724173100j:plain

(修了証書なんてもらっちゃって、なんか得した気分に。)

 

*************************************************************************************

残念ながらこれは全国共通の講習ではないので、県外に転勤になりファミサポの提供会員(地域によっては「協力会員」など呼び名が違う)に登録される際、再度その地域の講習が必要となる場合があります。 

全国共通の資格としては「子育て支援員」

無料の講習なのですが、ファミサポ講習よりもかなりハードルが高いです。

お住まいの地域によって受講条件が違うので、興味のある方は「子育て支援員 徳島(お住まいの地域)」で検索してみてください。