転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

転勤先でワンオペ育児中にこどもが入院。持ち物や対処法など。

スポンサーリンク

転勤族の妻にとって怖いのは自分の病気、こどもの病気。

徳島にいた頃、長女(4歳)が入院しました。(↓その時の記事)

momokodokin.hatenablog.com

 

自宅で様子を見ましょう…と一旦帰宅したものの、その後また具合が悪くなり入院することに。

もっと早くに入院させていたら…

ワンオペ育児を理由に娘の入院を後回しにしていなかっただろうか…

色々考えては後悔し、自分を責めました。

 

 

上の子が入院中、下の子はどうするか

病院によるのかもしれないですが、基本的に保護者はこどもと一緒に泊まりこみですよね。

となるとその間、下の子(2歳の娘)はどうすればいいのか、悩みました。

選択肢としては4つ。

  1. 旦那に仕事を休んでもらう(もしくは遅刻早退)
  2. ママ友にお願いする
  3. 乳児院や行政の支援を頼る
  4. 病院に頼み込む(子連れ入院不可)

 

旦那は当時、仕事至上主義でした。(そろそろしつこい?)

朝から朝まで家にいないし、休日も家にいない。

こんな時ぐらい休んでよ、と怒鳴っても泣いても謝るばかりでどこか他人事のよう。

 

なので1は却下。

 

2についても自分からは言い出しにくい。当時1番仲が良かったママ友も二人育児中だったので頼みづらかったのもあります。

 

緊急入院だったので、3についても考えませんでした。いきなり知らないところにほうり込まれて何日も過ごす次女を想像するだけでも無理でした。

 

というわけで選択肢は4しかなかったわけです。

病院にお願いしたところ、やむなくOKといった感じで広めの個室を用意していただけました。

 

患者用のベッドとソファベッドのある個室。

もちろん次女の寝るスペースはないので長女と一緒のベッドで眠ります。

 f:id:momokodokin:20170721210621j:plain

 

入院中持ち込んだもの

こども用
  • DVDプレイヤー(転妻ともだちからの差し入れ)
  • シール
  • ぬりえ(カラーワンダー)
  • 落書き帳、お絵かきセット
  • ぬいぐるみや小さめの人形(ごっこ遊びできるように)
  • 折り紙
  • パズル
  • 歯磨きシート
  • 踏み台(手洗い用)

シールは良し悪し。次女がベッドやテーブルに貼ろうとしたので止めるのに大変でした。お絵描きも同じ理由でハラハラしました。

 

重宝したのはカラーワンダー。ベッドなどを汚さないので安心です。

item.rakuten.co.jp

 

▽歯磨きシートはこんな感じの。歯磨きできない間の気休めにはなるかと。

ピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ 42包入の通販 | ケンコーコム

 

大人用
  • おしりふき、除菌シート
  • マスク
  • 院内用にサンダル
  • シャンプータオル
  • ボディーシート(汗ふきシート)
  • ごろ寝マット

頻繁に家に帰れたらいいんですが、わたしは3日ほど病院に缶詰だったので、シャンプータオルとボディシートは必須でした。わたし、臭い。

 

ごろ寝マットはソファベッドに敷く用に。1日目そのまま寝たらめちゃくちゃ腰が痛くなったので。

f:id:momokodokin:20170721211118j:plain

 

入院後の気持ち

幸いにも、長女は3日ほどで退院しました。

次女も病院での生活に飽きてしまいイヤダマンになってた頃だったので、ほっとしました。

 

結論として、ワンオペ育児中にこどもが入院しても何とかなります。(というか、なんとかするしかないんですよね…)

 

でも、もし病院が柔軟に対応してくれなかったら?

もし入院が長引いたら?

乗り越えられたのはただ、幸運だったからです。

 

頼る先のないワンオペ育児に「みんながやってることだから」「わたしは辛くなかった。大袈裟だ」の声も聞こえてきます。

 

でもそう言う人が無事に過ごしてこれたとすれば、ただただラッキーだっただけです。

実際に2人の子を持つ知り合いは、上の子どもが小学校高学年の時に骨折入院して、初めて転勤生活の危うさを感じたと言っていました。

それまで家族健康で何もなく過ごせてきたこと、当たり前じゃないんです。

 

ワンオペ育児を毎日乗りきれること、それは奇跡の連続です。

家族が健康であるという当たり前のことが、ある日突然崩れてしまうこともあります。

頼るところのない転勤先でのワンオペ育児は、薄氷の上にあるように脆く、誰かの我慢や無理の積み重ねの上に成り立っています。

 

ワンオペ育児中に感じた色んなことは、転勤生活が終わった今でもシコリとして残っています。

 

旦那は以前より家にいる時間が長くなりました。

仕事で疲れているのに、積極的に家事育児に参加してくれています。

 

でもこびりついて落ちない、恨みにも近いこのモヤモヤ。

 

長女が入院したあのときに、2歳0歳の一番しんどかった時期に、もっというなら次女の出産のときに、そばにいてほしかった。

この気持ちは、いつか浄化されるんだろうか。

 

f:id:momokodokin:20170721212019j:plain

(回復し、病院のご飯を山盛り食べる長女とおこぼれを狙う次女。元気になってよかった。)

 

個室代かかったのが地味に痛かったです。(コープ共済入っててよかった。)

こどもが加入しているコープ共済について。保険会社に7年勤めていたわたしの感想。 - 転妻愛歌。

ワンオペ育児って、足りない人手や時間をお金で解決せなあかんことも多いんですよね…。