転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

※転妻はアクティブでないといけない、という雰囲気がイヤになったとき。※

スポンサーリンク

徳島に引っ越したのは長女が2歳、次女が生後1か月のころ。

2か月前に先に越していた旦那に荷ほどきをお願いしていたものの、仕事が忙しく最悪な状態でした。

 

f:id:momokodokin:20170615230806j:plain

(これ、リビング。これでもわたしが少し片づけてこの状態です)

 

首のすわらない赤ちゃんと、まだまだ手をかけてあげないといけない2歳を抱えてこの状態。

途方に暮れたのを今でもはっきりと覚えています。ついでに殺意も抱いた。

毎日があっという間でその頃の記憶ってほとんどないけれど、孤独感と絶望で叫びたくなりました。

 

徳島の中でも車が必須な地域への転勤。

最初は車がなかったので、買い物や病院だけで一苦労でした。

子ども2人を連れて散歩に行っても、長女は抱っこをせがみ次女はベビーカーで泣き…。長女をおんぶし次女を抱っこし、ベビーカーを押しながら泣きそうになって帰ってきたこともありました。

 

でも泣いても、叫んでも、落ち込んでも、旦那に当たり散らしても、絶望しても、転勤でココにいるって現実は変わらないし、毎日生活しなければいけない。

なんとか二人育児を楽しくできないかと工夫して少しずつリズムができ、車を買ったことで生活も楽になったところで、子どもしか話し相手がいない日々を脱却しようと向かった先がインターネッツでした!

 

【転勤族】で検索して見つけた、転勤族の妻が集うグループ。

そこには同じ悩みをもつ転妻さんがいて、悩みを共有しながらみんな楽しく生活していこうとしていました。

転妻友だちがいないわたしにはまるで同志のように思えたし、前向きに過ごしている人を見て、自分も頑張ろう!と思えたものです。

…しばらくの間は。

 

実際そのグループのおかげで徳島で転妻会を開いたり、お出かけスポットを紹介したり、転勤生活に彩が生まれたのは事実です。

(ある転妻グループでは、ポスターに私の写真が採用されたこともあったんでっせ)

でもいつの頃からか、「転勤生活を楽しんでいない人は鬱、ネガティブ、努力不足。アクティブな人ほどいい」ような論調になって、疲れてきました。

 

そりゃあいつまでもグチグチグチグチ言ってる人についてはいい印象を持てないけれど、そもそもそんなに「転勤生活は楽しい」ですか? 

 

わたしは、楽しかったけどツラいことも多かった。

ツラいこともあったけど楽しい、に途中からかわったけれど。

 

子どもが入院した時、自分が体調を崩した時、転勤先でのボッチ育児は本当に怖かった。

情報がネットにあまりない地域だったので、幼稚園選びや病院選びがしんどかった。

それ以外にも転勤の度にかかる引っ越し代、ゼロから始まる人間関係…わたしだけでなく多くの人が悩むところだと思います。

 

だから、転勤族のいいところばかりを並べて主張する人は苦手です。もっというと信用できない。
楽しいと思えないとダメ、と言われているような雰囲気もイヤです。
確かに自分の考え次第で変わる部分は大きいけど、どうしようもないところは絶対にあるから。
それを自分の努力不足のように言われてるように思えて、なんだか腹立たしかった。

 

 

転勤を3回しか経験していないわたしが偉そうに何を…と思われるかもしれませんが。

「他の人と比べて転勤生活を前向きに楽しめない自分」に悩む必要はない!と言いたいです。

 

引っ越しでリセットされた人間関係をまた構築するのには、けっこうなエネルギーがいります。

だから頑張ろうと思えるまで、家に引きこもるのも悪くない。

もしそのまま転勤先の空気や人に慣れることができなくても、その土地に住むのは期間限定。

次でまた頑張ればいい。

せっかく築いた人間関係と離れてしまうことは転勤族のデメリットですが、嫌な人や生活を捨てることができるのはメリットでもあるといえるから。


「前向きな転妻」を見て使える点は真似するのはいいけれど、比べて自分を責める必要なんてありません。

(だいたいネット上でその人が見せてる部分が本当の姿かどうかなんて、わからないんだし)

無理せず転勤生活を過ごしてほしいなぁ…と思います。

 

わたしのこの記事より優しく、より丁寧に気持ちを書いていらっしゃるブログはこちら↓

転勤族妻は前向きに生きられない時だってある - 転勤族妻ブログ

 

 

*************************** 

ちなみにわたしの経験とまわりの様子を見ていると…

・しんどい、ツラい、馴染めない…と思っていてもいつの間にか(1年ぐらいで)なんとなく生活できるようになっている人が多い。今はしんどくても1年後はなんとかなっているかもしれない!

・悩みを分かり合えるからと転妻掲示板とかでいつまでも愚痴ばっかり言ってると、より闇が深くなる。(共感の言葉ばっかりで、その時は楽になったつもりが何も変わらないから。)

・しんどい時は聞けないかもしれないけど、後々役に立つことがあるのでベテラン転妻のアドバイスは大切。(すぐ実践できなくてもいいから、心のシャッターを下ろさず聞いておく。)

 ・FBでもツイッターでもブログでも、とりあえずSNS始めたら何か変わるかもしれない。