転妻愛歌。

元転勤族の妻の2歳差サバイバル育児。

もう児童館には行きたくない…遊び場所に迷った2歳3歳のころ(二人育児)2018更新

スポンサーリンク

 2歳児、3歳児を育児中の方、普段どこで遊んでいますか?2歳児3歳児って、遊び場所に困りませんか?

 

わたしは、長女が2歳半すぎたあたりから児童館や子育てセンターに行くとすごく疲れてしまっていました。それは児童館にあるおもちゃやスペースが、成長とともに少し物足りなくなってしまったこと、周りが娘より小さい(月齢の低い)子ばかりになってきたことが理由です。

 

たとえば小さな子のおもちゃを奪ったりしないか、ハイハイの赤ちゃんを踏んでしまったりしないか……。児童館にいる間、色んなことに気を配って、娘を注意して過ごしていました。

 

密室育児になることが怖くて出かけた児童館なのに、解放されるどころかまたしんどくなって帰ってきたときのやりきれなさ。注意を向ける相手が長女一人ならまだ良かったかもしれませんが、0歳児の次女を抱きながらとなると目が行き届かずイライラがたまってしまいました。

 

何かあるたびにわたしに注意され、小さい子どもにおもちゃを貸してあげてばかりの長女。わたしも長女も、児童館を本当に楽しんでいるのかどうか疑問に思えてきました。

 

そして考えた結果。もう児童館に行くのやめました。

児童館通いをやめた理由

児童館や子育てセンターに行く目的って、似たような月齢の子と交流するためだったり子どもを楽しく遊ばせるためですよね。もちろん親の息抜きもという側面もありますが。その目的が果たせないならもう行かなくてもいい、と思ったんです。

 

社会性が心配?そんなの幼稚園に入ったら自然と身につきます。週何回か短時間の児童館通いをやめたからといってたいした影響はないはずです。そんなことよりも自分と子どもが楽しめないなら通ったところで意味がない、と思いました。

 

ただ問題は、児童館以外のどこで遊べばいいのか、ということ。同じように悩んでいる人もけっこういると思います。転勤族だとママ友達がいないケースも多く、友達の家に遊びに行くこともできません。

 

そんな悩める誰かの参考になれば…とわたしの過ごし方を紹介します。

児童館を卒業してから行ったところ

探した条件は次の3つです。

・子どもが楽しめるところ

・できればわたしも楽しめるところ

・もしくはわたしが息抜きのできるところ

保育園の一時保育

週2回、午前中だけ一時保育に通わせました。アットホームな保育園だったため、運動会やクリスマス会など他の子たちと同じように参加できました。通わせた目的は友達作りのためではなく「家事の時間の確保と、少しだけ長女と離れる時間を作るため」です。

幼稚園、保育園の園庭開放

就園前の同じような年齢の子が多いので、幼稚園や保育園の園庭開放は参加しやすい場所の一つ。ただし2歳3歳はまだ一人遊びが好きな時期なので、お友達と一緒に遊んだりすることはあまりありませんでした。

 

必然的にわたしが相手をすることになるんですが、それでも児童館で小さい子に気を使いながら遊ぶことに比べればずいぶんストレスは減ったように思います。幼稚園のおにいちゃん、おねえちゃんがよく一緒にあそんでくれました。

未就園児保育

就園前の子どもを対象に幼稚園や保育園が行っている子育て支援です。たとえば工作やリトミック、水遊びなどがあって、園によって雰囲気が違います。園庭開放と未就園児保育は、将来の幼稚園選びの際に参考になるので、ぜひ参加してみてください。

散歩

何も思い浮かばないときや、イライラするものの遠くに出かけられないときは、田んぼのまわりをよく散歩してました。子どもって歩くだけで楽しめるんですよね。散歩がてらシロツメクサで冠作ったり、つくしを大量に採取したり。疲れたら道に座って、持参したおやつを食べたりしました。(帰りにだっこって言われて死にそうになることもあるんですが)

 

トイレットペーパーの芯を2本持っていくと双眼鏡ごっこができます。道端に咲く花の観察なんかも楽しいです。

シロツメクサの冠の作り方 | 子どもの遊び共有サイト wakutuku [わくつく]

(女の子は絶対喜ぶと思う)

公園

ボール、シャボン玉、砂場遊びセットを持ってよく公園に行きました。最初のころは抱っこひもやベビーカーで過ごしていた次女も、ハイハイを始めてからは公園で一緒に遊んでいました(ただ地面をハイハイしてただけとも言う)。

 

長女のときは清潔かどうかが気になって外でハイハイなんて考えもしなかったのに、二人目はいい意味でも悪い意味でも適当になりますね。

ちょっと大きめのスーパーにあるプレイゾーン

小さめの滑り台や遊具があるショッピングモールだと長時間遊ぶことが可能です。小さいキッズスペースの場合は狭いので時間は稼げません。乳児がいる場合もあるので、ほんの息抜きに使っていました。

児童館、子育てセンターなどのイベント、市や地域がやっているイベント

外でシャボン玉遊びだったり、運動会だったり。イベントの内容を見て、小さい子と住み分けできそうなものをチェックしていました。

 

友達の住む地域では市町村主催の体操教室があって格安で通えたとのこと。そこでママ友もできたと言っていました。羨ましい。

NPO 法人子育て支援ネットワークとくしま

(徳島市にある子育て広場。イベント沢山です)

おうち遊び

どうしても外で遊べない日はお家で遊ぶしかありません。こちらもご覧ください→http://www.ten-uta.com/entry/outiasobi

一回完結型の習い事

次の転勤がいつになるかわからず長期の習い事が難しいため、ヤマハなどの一回完結型の教室に通っていました。少し遠出して別の地域の教室にも行ってみたり。

興味のある習い事があれば、体験教室に参加することもオススメです。料金が安かったり、無料だったりします。

ドレミぱーく | ぷっぷるくらぶ

まとめ

園庭開放や地域の子育て支援についてはHPで調べたり市役所などで聞いてみましょう。侮れないのが広報誌や地方新聞、スーパーや児童館に置いてあるチラシです。子育ての情報については、ネットよりもアナログが強い場合が多くあります。要チェックです。

 

そしてそしてどなたか!児童館や子育てセンターで「二人育児している人対象の時間」を作ってくれませんか!!!

 

同じスペース内でいいから、保育士さんなどが下の子を見てくれて、ママは上の子の遊び相手に専念できるような時間。こういう時間があれば、ママをとられてさみしい気持ちになっている上の子の情緒もちょっと安定すると思うんだけどなー。

 

※「下の子をみてあげましょうか?」と声をかけてくれる職員さんがいる児童館もあって、思う存分長女と遊ぶことができとっても助かりました。ただ、職員さんも顔見知りのママさんたちと話しこんでいることも多く、なかなか気軽に「みててもらえませんか?」と言えませんでした。

 

…と話がすこしずれてしまいました。遊び場=児童館と思いがちですが、無理をして児童館に行くことが親子にとっていいこととは限りません。無理をして疲れるよりは、その時、自分と子どもに合った選択が上手にできるようになればいいな、と思います。

f:id:momokodokin:20160610004423j:plain

(児童館を卒業したおねえちゃんのおともとして、当時まだ歩けもしないのにニンジン掘りに連れてこられた次女のたくましい姿。)

 

▽twitterやってます

きなこ。元転勤族の妻 (@LoveNekoz) | Twitter