転妻愛歌。

元転勤族の妻の2歳差サバイバル育児。

ワンオペ育児を成立させるために、周りにSOSを発する力をつけたい

スポンサーリンク

知人に言われて少しムッときてしまった言葉。

 

【他人に気を使って生活するより、一人で子育てしてるあなたのほうが楽。】 

(少なくとも週一は実家に帰って昼寝して、こども預けて夫婦や友達とランチして、気をきかした旦那さんがしょっちゅうこどもを連れて義実家に帰ってくれる環境の人が語るんちゃうわ一昨日来やがれと思ったが。)

そうですよー、一人は楽ですよー。誰にも気を遣わなくていいもんね。でも一人じゃ無理です。 正確に言えば、余裕のある子育ては一人じゃ無理。 少なくとも私には無理です。だから、友達、行政、民間サービス…。誰かを、何かを巻き込もうと思ってる。

今の転勤が決まってからすぐ、引っ越し後に使えるサービスに問い合わせをした。(ファミサポ、一時保育、家事代行などなど)旦那や実家を頼れない人の育児について、検索かけまくって調べた。SNSでこっちの転勤族や子育て関係コミュを探した(結果使えるものがなく撃沈)。 

 

前任地ではありがたいことに友人に恵まれて、いろいろ助けてもらった。

momokodokin.hatenablog.com

でも転勤先で頼れる友達なんてすぐにはできないのが現実。

 

だから引っ越してきて最初に仕方なく旦那に助けてもらった。仕事で疲れてるのに家事を少し手伝ってもらったり、育児の大変さを必要以上にアピールして危機感を持ってもらったり。

 

いざというときは、会社の同僚にこどもを短時間でいいからみてもらえるようお願いもしてる。 多分できない。けどそれほどのピンチの時はあなたも動いてね…っていう意識を持ってもらいたくて。そうやって誰かを頼らないと、一人で二人は育てられない。 


私には幸い義母がいる。関西だからちょっと遠いけど。 とんでもない孫育てをする人やけど、いざという時に頼るところがあるって本当に心強い。

 

5人のこどもを育てた義母は、【自分は姑や近所の人に助けられながら子育てした。一人じゃ無理やった。】と言う。私も一人で子育てするのは無理。危険だと思っている。


きっと頼ったり甘えたりできない人は多いと思う。 旦那が無理なら実家や義実家に、それがなければ友達に、民間や行政サービスに… なんでもいいから頼る先を、相談先を作ることが苦手なのかもしれない。みんな一人でできてるのに…とか、頼ったら嫌な思いするかも…とか悩んでしまう人もいると思う。


でも自分とこどものことを考えたら、誰かに頭を下げたり少しぐらいイヤな思いすることぐらいきっと平気。みんな一人でできているように見えるだけだし、もしみんなが本当にひとりでできていたとして、それを自分ができなくても別にいい。

 

追い詰められたら視野がせまくなってしまうし選択肢があることさえ忘れてしまう。そうなる前に勇気を出して【困ってる、助けて】と伝えたり、周囲を巻き込む力が必要だと思う。誰かに嫌われてもいい。誰かが助けてくれたら。 

 

みんな、できる範囲で人に甘えたり投げ出したりできるようになったら。子育て、転勤先でのワンオペ育児が、ちょっとは楽になる気がする。