転妻愛歌。

元転勤族の妻の2歳差サバイバル育児。

【転妻は美容院ジプシー】おばちゃんになってから、美容院が怖い。

スポンサーリンク

怖いというとおおげさなんですが、美容院が苦手というか、あのオシャレな空間に足を踏み入れることに躊躇します。


独身時代はストレスがたまるたびに、イメチェン祭りじゃー!!!!とか言って月1レベルで美容院に通ってたのでそれほどでもなかったんですが、産後は半年に一回行けばいいぐらいのペース。

 

アウェー感半端ないというか、こんなきらびやかな場所に私がいていいんだろうか…とか思います。

 

まずすっぴんやし。綺麗にしてもらえるしいっかと思って髪の毛ぼさぼさのまま行くし。家を出るときはそれでいいんです。いつもそうだから何も思わない(その時点であかん)

 

でもいざ美容院を扉を目の前にすると、後悔しかありません。

 

 

美容院に行くと決めたら、ほんまはめっちゃやる気満々です。気後れしないように化粧して行こうとか、おしゃれして行こうとか心に決めるのに、いつもどうしてありのままでレリゴーしちゃうのでしょうか。

 

(化粧してオシャレしたところで、あくまで私の中の程度がましになるだけなので意味ないっちゃぁ意味がない)

 


そんな私、髪切ってきました。オシャレ美容院で。初めての美容院なんでやっぱりきょどって帰ってきました。

 

(余談ですが、転勤ばっかりで行きつけの美容院がなくなるってけっこう面倒くさいんですよね。新しいところ探すのも面倒やし、一つのところに通ったら慣れてきて緊張感もなくなってくるというのに。)

 

用意された雑誌の対象年齢が今までよりも高くてショックを受ける


童顔なのもあって今まで若く見られることのほうが多かったんですが、置かれた雑誌が【BAIRA】とか【CLASSY】とかでした。あぁ、これは完全に見た目年齢が老けたってことですね。アンチエイジングとか鼻で笑ってる私ですが、それなりに見えてほしいのでちょっとショックでした。

 

置かれた雑誌、おそらく年齢的には間違ってないけど、すっぴんユニクロスタイルの私にもってくるあたり間違ってる。全然興味ありません。そんな高レベルファッション誌読むくらいなら、むこうにある徳島のタウン誌のほうがいい。

 

そんなことも言えない私は、とりあえず山田孝之が載ってるページだけ何度も何度も読んで、あとはスマホをいじくることにしました。地獄です。

 

教訓:文庫本持って行こ。

 

 

シャンプーしてもらう時の正解がわからない

 

シャンプーしてもらう時に布をかけられたあと、目を閉じるべきなのか開けておくべきなのかわかりません。


布がずれたときって口をとんがらしたり、技術を駆使して元に戻すべきなの?ずれたままにしとくの?目が合ったときは、はにかめばいいの?


こんな小さいところが気になって、どきどきしてしまう。みんな、どうしてんの。

 

 

パーマやカラー中の自分が直視できない

 

自分の顔の細工が綺麗なわけではないので、カラーやパーマしてもらってるときの状態が不細工で、鏡に映る姿を直視できないのです…。デコ全開ペッタンコな頭にラップまかれてたり、カーラーたくさんつけてアラブの石油王みたいにタオルを巻かれてたり。

 

なにこのぼんやりとした輪郭。なにこのほうれい線。その上にのっかる大仏的カール。まぁこれが北川景子でも石油王スタイルが似合うとはいえんやろうけどさ(ちなみに私はビビアンスーが一番好きです)

 

 

この後のご予定は?

これってきっと全店共通マストな質問なんですね。行く店行く店で聞かれてる気がする。

 

聞かんでもこの雰囲気でわかるやろ。…ないよ。

 

年々美容院が苦手になるBBA


そんな感じで、年々美容院が苦手になっていくわたしです。マッサージが気持ちよかったり、髪型変わると気持ちがあがったりするのでいいことももちろんあるんやけど…。

 

 

髪型や色には満足しつつも、リラックスどころか行く前よりも疲れて帰ってきたりします。一言で言うと、ただの自意識過剰ってことはわかってるんですが、なんとも。

 

 

それはそうと、みなさん美容師さんの性別って決めてます?

 

男性の美容師さんに担当してもらったほうがまわりの評判が良かったりしませんか?私だけかなぁ。男性のほうが、【男性目線で見たかわいい女子の髪型】にしてくれるからじゃないかなぁと思ったりするんですが。どうでしょ。

 


ちなみに今回の結果。

 

【絶対に前髪にパーマをかけてはいけない】そう心に刻んだ6年?7年前。すっかり忘れてた。