転妻愛歌。(転勤族の妻のウェブログ)

元転勤族の妻が、2歳差サバイバル育児とか語ります。

なりたい母親像は、わたし自身の中にあります。

理想の母親なんていない。完璧な親なんていない。仏のような母親なんていない。子育てに正解なんてない。 もちろんそうなんだけど、それを言い訳にしてもいいんだろうか。 まわりがいうのはいいとして、母親自身がそう言ってしまっていいんだろうか。 こども…

愚痴を一方的に言ってアドバイスを聞かないのは、相手の時間を奪い取る行為。

昨年の秋、きな田家はけっこう笑えない事態になっておりました。「わたしが暗くなってどうする!!」と毎日つとめて明るく暮らしていたけど一寸先も見えない状況。夫婦間の温度差もありすぎて、けっこうメンタルがやられてたのであります。 メンタルやられて…

こどもが加入しているコープ共済について。保険会社に7年勤めていたわたしの感想。

今日、ポストを見たらコープ共済から封書が届いていました。 うちの娘は二人とも、コープ共済に加入しています。 転勤(引っ越し)のときの手続きについても書いてあるのでよければ参考にしてください。 こどもってめっちゃ病気する こどもの病院代はどれだ…

娘の幼稚園選び。転勤族につきものの転園についてもまとめました。

幼稚園選びの時期ですね。 早いところだともう願書を出し終わってるでしょうか。うちは10月初めに願書提出があるので、今は絶賛幼稚園活動中です。保活があるなら、幼活とでもいうのだろうか…。 幼稚園なんて義務教育じゃないし、いざとなったらやめてしまえ…

うちのこどもがお父さんを大好きなワケ。

こどもたちは旦那のことが大好き。 あんだけ仕事で家にいなかったのにどうして旦那のことが好きなのか。それは旦那自身の努力によるものがほとんどなんだけど、でもちょっとは、ほんのちょっとはワタシの力添えもあってのことだと思ってる。 仕事をしている…

夜のおむつが外れない、おねしょが治らない!夜尿症だったわたしのはなし。

「遅くても幼稚園を過ぎたら、普通夜のおむつがとれるよ。とれないなんてまずありえない。」最近こんな言葉を聞いて、ちょっと書きたくなりました。 言った人は2児の母。 自分と周りの経験からそう言ったんでしょうね。 あなたは何歳でおねしょをしなくなり…

占いを信じないわたしが、手相をみてもらった話。

昔、職場の後輩と一緒に占いに行ったことがある。 場所はグランフロント大阪あたり。 もうよく覚えていないけど、値段は超高かった気がする。 年配の女性にみてもらう、四柱推命だった。 2人で一緒にブースに入った。 まず、占い好きの後輩からみてもらうこ…

兄弟がいないとかわいそうか?一人っ子だったわたしの話。

一人っ子の方がいいのか、きょうだいがいた方がいいのか。 うちには二人娘がいるけど、どっちがいいのかなんて正直わからない。 わたしは一人っ子として育った。 生まれた瞬間から(かどうかはしらんけど)両親が不仲だったので、わたしはずっときょうだいが…

大手からの脱却、格安スマホへの道のり。ってほど大げさなもんじゃないけど。

携帯を変えることにした。 「大手からの脱却!我が家も格安スマホへ!」「ドコモスマホからカクヤススマホへ!!」と、旦那の隣で騒ぎ立てて約1年。 ようやく旦那が、「もう格安スマホでええかなー」と言い出した。 わたしがはじめて携帯を持ったのは、高校…

【 実況!パワフルプロ野球】パワチャン大会に行ってきました。

わたしのスマホには、ゲームが一つだけダウンロードされています。 それは【実況!パワフルプロ野球】。 飽き性のわたしが、ドはまりしたり放置しながらもう2年近く。 子どもたちもちょっとずつキャラを覚えるようになったので、 8月26、27日の大阪パワプロ…

誰も知りたくない、わたしの旦那のいいところ。

みんな全然興味ないと思うけど、ちょっと旦那のこと書いとく。 いっつもほら、 仕事仕事のデスマーチでワンオペ育児を強いられてたとかさ、 洗濯物が山盛り目の前にあるのに「何か手伝おうか?」って聞いてくるとかさ、 一人目育児の時のストレスは120%が…

子連れでお出かけする場所は、一緒に行って子どもが楽しいかどうかで考えたらいいと思う。

出かけようと思う時、 子連れで行ける範囲ってどこまでかなってまず考えます。 子ども自身が楽しいか 子どもに危険がないか まわりに迷惑がかからないか 自分も子どもも楽しいか などを考えて、子連れでのお出かけ先を判断します。 出産してしばらくは(長い…

【プロライター育成講座を受講したけどライターになれなかった話】

※少し前の話になります※ わたしは、文章を書くのが好きです。 できれば好きなことを仕事にしたい。好きなことがお金になるといい。そう思っていました。 書くことが収入になる職業といえば、ライターです。 「ライターになりたい」と思っていたわたしが「プ…

ママ友ファッションなんて、どうでもいい。

ちょっと体調不良の、万年虚弱きなこ。です。 できれば毎日ブログ更新したいなーなんて思ってるのに、 ここ2日、夜9時にはぐーすかぴー、 朝も7時過ぎないと起きない生活を送っていました。 今日もそうなってしまうと思います…。 ***********************…

都会で消耗しなかった人が地方移住をした、という話を聞きたい。

東京でのサラリーマン生活を捨てて高知に移住したイケダハヤトさんの著書、 【まだ東京で消耗してるの?】を読んでみました。 移動時間の長さ、高い住居費、保育園不足など、都会生活の問題点を挙げて、 地方の住みやすさを書いた、地方移住を礼讃した本です…

読書欲が有り余っているので、おすすめの本を教えてください。

読書をまた始めた。 ここ数年ろくに本を読んでいなかったからか、 もとからそんなに良くなかった頭がもっと悪くなったし、 どんどん語彙力もなくなっていってる気がする。 なんでも、ヤバい、すごい、ひどい、おそろしい、クソで片づける。 自分が書く文章も…

コウモリのようにあっちこっちにぶらさがっていたい、人づきあいの話。

いつもまとまりないけど、今日はいつも以上にまとまりなくお届けします。※※※※※※どうも人づきあいが苦手らしい。少し話したことのある人からはよく、 「あなたって話しやすいね」と言われるし、 確かに初対面の人でもそれなりにつきあえる。 (それって転勤族…

日々の食事もお弁当も、ハードルを低くしませんか。

子どもへのお弁当は、かわいさと好きなもの重視。 かわいさってのは手先の器用さが関係してくるから なかなか思うようにはいかんけど、 (いびつなキャラ弁、ピックとかの小物、ラップにお絵かきでごまかす) 子どもの好きなものってのは簡単にできる。 おか…

【転勤後の人間関係】引っ越しても、細く長く、縁は続く。

転勤族の妻だったわたし。 行く先々で(滋賀、徳島)友だちができました。 自分の性格に難があるので数はあんまり多くありません。 そのかわり数が少ないからか、けっこう深くつきあってきました。 次女出産のときに、長女を預かってくれたり 猫が瀕死の状態…

好きだけど、SNS疲れするときもある。

わたしのまわりは、なんかアクティブというかストイックな人が多い。 それにひきかえ自分は虚弱なのもあって(すでにこれが言い訳)、 ひまさえあれば休むことを考え、 いかにして手を抜けるかを考え(いい言葉でいうと効率化ですよね?)、 時には家事を全…

【転勤族】(幼稚園児)引っ越しするときに渡す送別品【逆プレゼント】

徳島からの引っ越しが決まった時、悩んだコトがあります。 それは幼稚園に通う娘(年中)の友だちへのプレゼントです。お別れの品というべきでしょうか。 引っ越しする人への贈り物というのはよく聞きますが、今回は逆。 せっかくできたお友だち。 今までの…

地方VS都会論争は意味がない。みんなちがって、みんないい。

地方がいいか、都会がいいか。 たびたび議論されては結局対立して終わるけど、 わたしは子どもを産むまでは圧倒的に都会派だった。 大阪には必要なものはなんでもあった。 おしゃれなカフェも、雑誌にのってる美容院も、わたしの好きなブランドが入った駅ビ…

さあ、メイクの時間です。

普段、化粧をしない。 化粧どころか、化粧水と乳液さえつけない。 洗顔料もないので、 朝起きたら水でパシャー 夜はお風呂でシャワーをシャワワワー。それは何も、出産育児で忙しかったという理由じゃなく、 働きはじめて一年。 ただ単に面倒くさくなったか…

【田舎に転勤】徳島市外に住んでいたわたしが、当時思っていたこと。

長女が幼稚園に入る前、なんとか友だちを作ろうと子育て広場や未就園児保育に行った。でもすぐには友だちができなかった。 3歳になった長女。 児童館には居場所がなかったし、いつも次女が一緒だからママ同士そんなに自由にしゃべれない。 なかなか友だちが…

【夏のお出かけ】香川県 讃州井筒屋敷で和三盆づくりと絶品かき氷。

暑い夏が続きますが、お元気ですか? 虚弱なわたしはもちろん、夏バテまっさかりです。 主食は「コーヒー牛乳」です。 ************************************************************** 和三盆って知っていますか? 徳島や香川で伝統的に生産されている砂糖…

スーパーマリオRPGと娘のプチ親離れ。

お盆前後は義実家関係のイベントがてんこもりだった。 自ら進んで参加したものもあれば、強制的に参加させられたものもあり。 都度モヤモヤを抱えながらも、一応は無事にやり過ごした。 アウェイ感しかない義実家で数日過ごすと、やっぱり疲れは出るもので。…

二人目の壁はおそろしく高かった(頼る実家のない転勤族の妻なワタシの話)2/3

だれにも頼らず二人目出産をしようとしてる人って意外と多いみたい… というのも、前に書いたこの記事がコンスタントに読まれているからです▽ ★二人目の壁はおそろしく高かった①★頼る実家のない転勤族の妻な私の場合。 - 転妻愛歌。 転勤族の方はもちろん、そ…

何かを変えたいときに、見た目から変えようとするわたしの話。

今は主婦というニートで、気がつけば横になろうとしているわたしですが、独身のときはけっこうバリッと働いておりました。 比較的ゼニーをたくさんもらえる会社だったので、このまま一生独身で生きて会社に骨を埋めようと、ねこず5ひきを連れてマンションに…

暗黒面に堕ちるわたし。主に育児のことで。

わたしの腹の中は真っ黒です。 正露丸並みに真っ黒です。 もしかしたら反感を買うかもしれない、 だけど気にせず思いつくまま書いたわたしの日記です。 ****************** 目先のしんどさにとらわれて、育児の大変さを後回しにしてる人っ…

【徳島県で情報収集するなら。おすすめのSNSフォロー先など(子育て関係中心)】

「徳島に転勤になったら」役立ててほしい記事4つ目。 最後に、徳島で情報収集に使ってたSNSなどをご紹介します。 子どもがいるので、子育てに関するトコロが多いかもしれません。 twitter Facebook HP おまけ twitter すだちくんオフィシャル (@sudachikun_…